検索
  • fightboxfitness

令和世代のファイターの目覚ましい活躍。

皆さんこんにちは。

FIGHT BOX FITNESS代表川尻です。

日曜日のRIZIN.34に続き祝日の昨日は修斗後楽園ホール大会がありました。


セミファイナル

西川大和vs山田崇太郎の一戦。


山田崇太郎は20年近く前からパラエストラ松戸での昼練で一緒に練習してきた選手。

私の寝技は崇太郎との週一回のトレーニングで磨かれてきたと言っても過言ではありません。

組技においては間違いなく日本のトップの一人です。


対する西川選手は若干19歳の修斗ライト級王者。

北海道出身で幼少期より父親と山を登ったり川を歩いたりと独自のトレーニングをしながら二人三脚でここまできた選手。

昔と比べて地方との差はなくなってきたと言われる格闘技界ですがそれでも北海道の田舎で練習パートナーも優れたトレーナーも少ない中で結果を出すという事は並の事ではありません。


戦い方も今まで我々世代が勝つために当たり前にやってきた事とは全く別の戦い方。

むしろ我々が勝つために捨ててきた物で勝負してしっかり結果を残してる感じさえもします。

彼の頭の中で作られている勝利の方程式は私には想像もできません。


試合も山田崇太郎相手に組技で勝負しての一本勝ち。


崇太郎の強さを知っているからこそ衝撃的で令和世代のファイターの恐ろしさをまざまざと感じました。


どこまで強くなっていくのか!

これからも西川大和選手に注目です。


それでは今日も1日頑張っていきましょう!

閲覧数:92回0件のコメント