検索
  • fightboxfitness

10/2(日)Bellator286堀口恭司選手がゲスト解説に!U-NEXTで独占生配信。


みなさんこんにちは。

FIGHT BOX FITNESS代表の川尻です。


今回は10/2(日)8:00からU-NEXTで生配信されるBellator286についてお話しします。

https://video.unext.jp/livedetail/LIV0000000676

なんといってもゲスト解説に先日RIZIN.38で激勝した堀口恭司選手がきてくれます。(堀口選手は11:00からのメインカードから参加)

これは熱い!!!

ぜひBellatorファイターだからこそ分かる話などを聞いてみたいと思います。

川尻も解説として参加しますのでよろしくお願いします。


ちなみにこのブログの内容はじりラジオとほぼ同じなのであしからず。

https://stand.fm/channels/5f5e1d87f04555115d0dc503


まずはなんといってもメインイベント。

Bellator世界フェザー級タイトルマッチ。

パトリシオ・ピットブル🆚アダム・ボリッチ。

王者パトリシオの兄は私がRIZINライト級GPで戦ったパトリッキー・フレイレ。

弟がフェザー級、兄がライト級と兄弟でチャンピオン。

パトリシオ自身も現在UFCで活躍するマイケル・チャンドラーをKOしてライト級王座を獲得して2階級同時王者の時期もありました。

めちゃくちゃ強いファイター。

今度はバンタム級のベルトも狙うなんて言ってましたね。

パトリシオの戦い方としてはスタンドで相手との距離を重視しつつプレッシャーとフェイントで相手に手を出させカウンターを狙うスタイル。

なかでも右クロスはとても強烈な武器。

たくさんのファイターをマットに沈めてきました。

ギロチンなど一本を取る力もあります。

ただ前戦のAJマッキーとの5Rの試合では後半スタミナが切れて足が止まる場面もありました。


対するアダム・ボリッチ。

ハンガリー出身で現在は佐藤大選手も在籍するキルクリフFCで練習を積んでいます。

18勝1敗ランキングは2位。

1敗は堀口恭司選手が2度戦っているコールドウェルにリアネイキッドチョークで一本負け。

今回同大会に参戦してるジェレミー・ケネディやアーロン・ピコに勝利してます。

ボリッチの戦い方としてこちらもスタンド中心。

同じスタンドでもボリッチは近距離(肘や膝、飛び膝)中間距離(打ち合い)遠い距離(アウトボクシング、ジャブ、カーフキック)などどの距離でも戦えるのが強みですね。

前戦のバーネル戦では1Rからハイペースな試合展開で5Rまで戦って判定勝ち。

スタミナ豊富です。


試合展開としてはスタンド中心の戦いで前半はパトリシオが瞬発力や爆発力を活かして優勢に。

後半までいけばボリッチにもチャンスは増えてくるのではないかと考えます。

あとはパトリシオは組みも強いのでパトリシオから組みにいく展開もあり得ますね。



次はもう一つのフェザー級の一戦。

アーロン・ピコ🆚ジェレミー・ケネディ。


アーロン・ピコは10勝3敗でランキング3位。

個人的にアーロン・ピコ大好きです。

とても魅力のあるファイターなんです。

子供の頃からレスリングとボクシングをやってきて特にレスリングの実績は申し分ないレスリングエリート。

プロデビュー前にBellatorと契約してデビュー前から期待されてきた有望株でした。

デビュー戦もBellator初のニューヨーク大会という破格の舞台。

しかし結果はアッパーでダウンを取られた上にギロチンで一本負け。

ほろ苦いデビュー戦でした。

その後も負けを経験しつつも経験を積んでトップランカーに。


私的にはデビュー当時は強いけどなかなか歯車が噛み合わない感じでした。

スタンドの打撃も強いんですが、力みまくりでガードが甘く被弾して効いてしまう。

ただ試合を重ねて経験を積んでいくなかで、打ち合いをやめて組んで勝負して相手を削って最終的にKOという戦い方をするようになって本来の実力を発揮できるようになった気がします。

勝ち方が安定してきました。


対するジェレミー・ケネディは17勝3敗ランキング3位。

元UFCで3連勝するも現UFCフェザー級王者ヴォルカノフスキーに敗戦しUFCを離れます。

3敗のうち1人は現UFCフェザー級王者、もう1人は今大会のメインイベントでパトリシオに挑戦するアダム・ボリッチ。

残る1人は2度戦いリベンジ済み。

実質強いファイターにしか負けてないんです。

そんなケネディ最近は組み勝つ試合が多いです。

という事は、ケネディからしたら正直相性は最悪だと思います。

レスリングエリートのピコ相手に組み勝てるのか?

または組み勝てなかった時スタンドでの主導権を握れるのか?

しんどい試合にはなりそうですが、ランキング1位のAJマッキーがライト級に転向した事でこの試合の勝者が次期挑戦者の可能性も高いです。

何よりRIZINフェザー級フェザー級ファイター達との対戦も見てみたい。

個人的には朝倉未来🆚アーロン・ピコなんて夢のカードです。



もう一つはセミファイナルに組まれたAJマッキーのライト級転向初戦。

相手はRIZIN.35で武田選手からギロチンで一本勝ちした日本大好きスパイク・カーライル。

2人とも組みが強いファイター。

面白いMMAグラップリングが観れるのではないかと期待です。

スタンドでも寝技でもAJマッキーが有利かなと思いつつ、頑張るマンなカーライルは後半の逆転勝ちもあるので期待できます。

ちなみに2人ともに一本KOでの敗戦は無し。

AJマッキーがライト級でどのくらいの立ち位置なのかを測るのにも楽しみな一戦です。


他にもアーチュレッタ🆚バルゾラのバンタム級GPで敗れて再浮上を狙う者同士の戦いもあります。


以上Bellator286の注目試合でした。


10/2(日)プレリムカードは8:00から。

堀口選手がゲスト解説として参加してくれるメインカードは11:00から。

実況 市川勝也

解説 川尻達也

ゲスト 堀口恭司 (11時メイン~)

でお送りします。

U-NEXTで独占生配信。

PPV料金はかからず月額料金だけで観れちゃいます。

https://video.unext.jp/livedetail/LIV0000000676

一緒にBellator286を楽しみましょー。

それではみなさん良い1日を!


閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示