top of page
検索
  • 執筆者の写真fightboxfitness

K-1、TUF31、UFCラスベガス、パンクラスと週末の格闘技を語る。

2023/06/05のじりラジオの内容を文字起こししたものです。


音声で聴きたい方はコチラです↓


川尻達也のじりラジオ。

はい。みなさんどーもです。


このラジオは茨城県つくば市並木ショッピングセンターにある初めての人のための格闘技フィットネスジムFIGHT BOX FITNESS代表の川尻がお送りします。

今日もよろしくお願いします。

一人で記録します。


土曜日のK-1で茨城県土浦市出身土浦市在住の与座選手が勝ちました。

めちゃくちゃ強かったです。

圧勝でした。


本人はKOできないの残念がってたんですけど、対戦相手のクラークが体格もデカかったしめちゃくちゃ打たれ強かったです。

3分3ラウンドやった分余計与座選手の強さが見えました。


やっぱりこういう試合いいですね。

フィジカルが強いのは見てわかるんで、メンタルと共に身体の強さが大事だと思うんで、そういう意味ではすごく良い試合でした。

そしてU-NEXTだと見逃し配信があるのでいいですね。


リアルタイムで観れなくても後から観れるので、ABEMAは無料でいいんですけどプレミアム会員にならないと見逃しで観れないので、なかなかK-1とかONEとかリアルタイムが観れなくてすごく助かりました。


他には土曜日帰ってから、前日のじりラジオで言っていたTUF31、UFCファイトパスでの日本語字幕版を観ました。


これ今はUFCファイトパスだけなんですけどU-NEXTでも日本語字幕版をやるらしいので、U-NEXTを契約している人観てください。

もちろんコーチであるチャンドラーとマクレガーが対決するのはまだまだ先なんですよ。

1回 UFCと契約したけどリリースされた出戻り組みのバンタム級とライト級の選手がチームチャンドラーに入って、これからUFCと契約する若くて勢いのあるプロスペクト組みのバンタム級とライト級の選手がチームマクレガーに入り、生き残りを懸けて戦う負けたらお終いのサバイバルマッチはもちろん面白いです。

それとは他にやっぱりお互いのコーチの人間性が出るんですよね。


ケージの中で戦っているだけでは僕らには分かり知れない人間性が出るのがめちゃくちゃ面白いんです。


まだ1回目なのでチャンドラーとマクレガーの人間性はそこまで分かってないんですけど、例えばマイケル・チャンドラーは結構気難しい人間らしくて、以前所属していたBellatorのスタッフが普段気難しいマイケル・チャンドラーが2019年のBellator Japanの時だけはすごく行儀が良かったらしく、そのぐらい日本をリスペクトしてくれていたという逸話もあるぐらいなので、チャンドラーだったりマクレガーの人間性を観るのがは楽しみです。


昔WOWOWでやっていたTUFの日本語字幕版で女子バンタム級のロンダ・ラウジーとミーシャ・テイトのコーチ対決がやってたんですけど、男まさりで気が強そうなロンダ・ラウジー対綺麗で人気のあるミーシャ・テイトってイメージだったんですけど、実際TUFを観たらロンダ・ラウジーがめちゃくちゃ仲間思いで熱く、すごく優しい女性で対するミーシャ・テイトは意外とシビアで厳しいところがあるなっていう、見方がガラッと変わるって事があったのでその辺も含めて楽しみです。


他には朝からUFCファイトナイトラスベガス74が UFCファイトパスとU-NEXTでやっていたので観ました。

アンドレ・アルロフスキー(44歳)僕と同い年のアルロフスキーがKO負けで、ベテランのジム・ミラーが、ベテランって言ってもまだ39歳なんですけど左フックでワンパンチKOとそれぞれUFCでの試合数1位2位ぐらいのアルロフスキーとジム・ミラーの明暗が分かれたって感じでした。


メインイベントはRIZINにも参戦経験があるカイ・カラフランス対アルバジ。

これは結構近差の試合で判定はどうなのみたいな感じになってたんですけど、ジャッジ川尻的には1ラウンド9対10でアルバジ、2ラウンド9対10でアルバジ、3ラウンド9対10でアルバジ、4ラウンド10対9でカラフランス、5ラウンド10対9でカラフランスで47対48でアルバジの勝利でした。


ただジャッジ川尻、この前のRoad toUFCの時野瀬選手が勝ったと思ったら負けてたり、上久保選手が負けたと思ったら勝ってたり、本当に信憑性ないので今後BellatorやUFCの時ジャッジ川尻をやっていいのか迷ってます。

あまりにも的外れなジャッジばかりしてたら、なんだよって結構ブーイング起きそうで怖いです。


そんな感じのUFCなんですが、今後4ヶ月間は毎週イベントがあるそう です。

16週以上ありますよね。

18週位あるのかな。

毎週連続イベントあるそうです。

いやぁ大変ですね。


U-NEXT入っていれば2千円で全部観れてポイントバッグもあるんですけど、UFCの本番アメリカのファンなんかは、ナンバーシリーズはそれぞれPPV買ったりするしかないし、UFCファイトナイトは、アメリカの人はどうやって観てるんでしょうね。

この前レターくれたアメリカ在住の方、アメリカでのUFCの視聴方法を教えてください。

ワガママですいません。


例えばナンバーシリーズはPPVでだいたい何ドルぐらいですとか、他のUFCファイトナイトはどうやって観れていくらぐらいかかるのか、逆レターです。

アメリカ在住のじりラジオリスナーの方よかったら教えてください。 


他にもパンクラス334を観ました。

元T-BLOODで現在宮田和幸さん率いるブレイブジムに所属しているモッチーこと望月貴史選手が 戦って1ラウンド目は結構テイクダウンされてマウントを取られつつ、返して上になっても下からの腕十字とか三角とか、またパウンドとか喰らいつつピンチだったんですけど、2ラウンド目パンチからタックルしてテイクダウンして、相手のニンジャチョークを凌いで相手が背中向けたところをバックからリアネイキッドチョークで鮮やかに1本取ってました。

いやーモッチーおめでとう。


今年のお正月T-BLOODのおはように参加してくれて、あの原口伸選手も連れてきてくれて一緒に練習したんですけど、元同門で一緒に練習してた若い子がMMAの舞台で活躍しているのを観れて嬉しいです。

また頑張ってほしいです。


そして佐藤龍汰朗× 高木健太の試合これやばいです。

高木選手がインローキック打ったらカットされて膝に当たって、スネが真っ二つに折れました。

いやーこれ格闘技の怖いとこが出ちゃいました。

もし興味ある人はTwitterにも多分上がっていると思うし、U-NEXTでパンクラスの見逃し配信で観れますけど観ない方がいいです。

これ夢に出てきます。


他にもRIZIN参戦経験がある伊藤盛一郎選手は秋葉選手相手にリアネイキッドチョークで1本勝ちでした。

伊藤選手はZSTで竿本選手に、RIZINでマネル・ケイプと神龍選手に負けて3連敗したんですけど 、そこから4連勝4連続フィニッシュなんです。


アグレッシブで展開もスピードめちゃくちゃ早いし 、すごく良い選手なんでまたRIZINフライ級でみたいですね。

結構タレント揃いなのでRIZINフライ級トーナメントいいんじゃないでしょうか。

今年楽しみにしたいです。

フェザー級も盛り上がってますけど、フライ級も面白いです。


神龍選手と堀口選手のBellatorフライ級タイトルマッチもあるし今年はフライ級から目が離せません。


そしてUFCで僕と同い年のアルロフスキーの試合を観て感じたことをメンバーシップ用に仕込んで、まだまとまってないんですけど、いつどの瞬間にファイターとして落ちるのを感じたのか?僕自身が明確なタイミングっていうのがあるのでそういう事を話しつつまとめていこうかなと思うんで、今週中には今週末までには多分アップできると思うのでお楽しみにしてください。

メンバーシップの参加もどしどしお待ちしております。


そして毎週水曜日22時半からメンバーシップ配信限定でじりライブをやってますので、直接皆さんの質問に答えたり、より本音なことを話せると思うのでメンバーシップの皆さん水曜22時半からライブをお待ちしております。

そしてご入会もよろしくお願いします。

レターを読む時間なかったです。

ごめんなさい。


そしていよいよ今週末11日はUFC289があるのでUFC289に向けてもいろいろ見所なんかを語っていきたいと思います。


それでは今日はこれで終わりにしたいと思います。

皆様良い一日を。

まったねー。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page